2018年6月18日月曜日

ふらっと修善寺



土曜日に温泉に入りたく修善寺まで行ってきました。
箱根を超える際は、雨、濃霧で厳しい道のりでしたが自宅から2時間半で着きました。

お湯は、高温、中温、低温の三か所ですが15Mはある広さですよ。
湯船には、お地蔵様がいるのでびっくりしないでくださいね。

湯治場なのでゆっくり入りたい方は、JAFカード優待を使うのをおススメします。

もちろん夕飯は、スマル停のうどん。
ここでもJAFカード優待でちくわ天のサービスあり。

JAFカードはスマホに入れても行くといいですよ。

帰りも箱根廻りで帰りましたが濃霧で運転が厳しかったなぁ。


2018年6月16日土曜日

5月の一句

お題「新緑の高尾山」で一句(13票中7票獲得)
初夏の風ため息ひとつ山頂に
(しょかのかぜ ためいきひとつ さんちょうに)

初夏:陽暦なら五月、陰暦なら卯月のころを指す。空はからりと晴れ渡り、暑さもまだそれほど強くはない。まことにすがすがしい気候のころで、大型連休を利用して行楽客が山や海へ繰り出す。[季]夏

☆想い(作者意図)
登山に行って山頂に到着すると達成感みたいなものを味わうことができるが自分は何も沸いてこなかった。若い頃とは比べて気力体力が無くなってしまったことを実感してしまった一句。

5月は5句詠んだのですが納得できる句だけに絞ってアンケをしました。
自分が感じたままを言葉にとおもっているのですが、なかなか上手くいかない。
まだまだスランプは続きそうです。

選ばれなかった句はこちらです。

お題「学校のこいのぼり」で一句(13票中3票獲得)
鯉幟ぼくのわたしの先生の
(こいのぼり ぼくのわたしの せんせいの)

鯉幟:端午の節句に男の子の出世と健康を願って立てる。江戸時代から のならわし。明治時代の末頃までは紙製であったが、今はほとん ど布製である。[季]夏

☆想い(作者意図)
GWが始まると家々のベランダに鯉幟が下がっているのを見かけるようになったが、風になびいている様子は無く寂しそうだった。
学校のグラウンドに広がって勢いよく泳いでいる姿を見ながら、自分が持ってきた鯉幟を指さしている光景を詠んだ一句


お題「公園の自転車」で一句(13票中5票獲得)
ママチャリのおむつとパッド木下闇
(ままちゃりの おむつとぱっど こしたやみ)

木下闇:鬱蒼と茂る木立の下の暗がりのこと。昼でも暗く涼しい。夏の強い日差しのもとでは闇のようである。[季]夏

☆想い(作者意図)
介護をしている人の目線で詠んだ。
自転車のカゴにある、おむつとパッドを見ながら、この先どうなってしまうんだろうという不安な気持ちを詠んだ一句


5月中に詠んだ一句がこちらになります。
勝手に一句(※は投稿した一句)
※交差するOneForAll虹の街(こうさする わんふぉーおーる にじのまち)
虹:[季]夏

※野良の声バナナの皮に滑りけり(のらのこえ ばななのかわに すべりけり)
バナナ:[季]夏

※独房の畳の隙間蟻の列(どくぼうの たたみのすきま ありのれつ)
蟻:[季]夏

雨風の暗し若葉の並木道(あめかぜの くらしわかばの なみきみち)
若葉:[季]夏

帰す父は余命半年更衣(きすちちは よめいはちねん ころもがえ)
更衣:[季]夏


梅雨入りしました。しばらくジメジメとした陽気が続き雨に関するお題が多くなりそうです。
6月7日(木)のお題が「梅雨の駅」
6月14日(木)のお題が「雨の路面」
6月21日(木)のお題は」あじさいとバス停」

それではまた(=゚ω゚)ノ

2018年6月13日水曜日

休日カフェ巡り

妹と休みが重なったので新大久保に遊びに行きました(^^)/

前回は子供を連れて行ったのでなかなかゆっくりできず。。

今回はランチして夜は居酒屋に行く予定ですごーーーく楽しみにしていました。

予定通り新大久保でランチ一発目…サムギョプサル



若い子はみんなチーズタッカルビを頼んでいたけど重そうだから諦めて。。

続いてはパッピンス
パッは小豆、ピンスは氷水の意味だけど日本でいうかき氷?
もっときめ細かく削ってふわふわな感じのスイーツです。

他にもインスタで有名なカフェに何ヵ所か行き、化粧品などの買い物もして大満足でした^^




2018年6月11日月曜日

突然なのですが…。

ここ最近、湧き出る不快感。

休みの日に、近くのMコンビニに行くと、

店長と思われる人の横柄な態度に、ムカッ⤵⤵⤵

二度と行かないって思いました。

嫌な事が、ある時の、私の対処法。

自分の時間を作ること。

仲良しの友達とご飯でも食べに行こうかと思っています。

私なりに試行錯誤。

改善したい事、沢山あるのですが、なかなか軌道に乗らなくて…。

心配性は、性格なので、なおらない(>_<)(笑)





2018年6月6日水曜日

スカボロー・フェア/詠唱

私の得意料理は「ありものでなるはや」です。家に在るものでなるべく早くできるものってこと。
買い物は週に一度しかしません。一週間同じ材料で楽しく料理し、飽きずに美味しく食べ、もちろん残さず使い切る。その為の秘密兵器は・・・
さしすせその基本調味料に加えて、スパイスの数々!
近頃は成城石井に行かなくても近所のスーパーでいろいろ手に入りますね。
和食、中華、エスニック、イタリアン、フレンチ・・・自宅でなんでも作れます。それどころか醤油とバルサミコ酢を混ぜるとか、ナンプラーにカルダモンを入れてみるとかもうごちゃ混ぜ無国籍(笑)
カレーだって、いわゆるカレー粉は使わない。その日の気分でオンリーワンのマイカレーの出来上がり。今日はキャベツも添えてバングラデシュ風にしてみます。クミン、シナモン、ターメリック、クローブなどなど片っ端から入れてみました。美味しかった!
今日のお勧めはサイモンとガーファンクルで「スカボロー・フェア/詠唱」
♪パセリ、セージ、ローズマリーアンドタイム~

2018年6月4日月曜日

またまた

スマル停に行ってきました。
JAF会員カード提示でちくわ天がサービスでついてきました。
得した気分です。

2018年5月31日木曜日

身近な話だった


実家に電話をしなきゃと思いつつ、出来ていなかった

(火)電車待ち、ホームで電話をかけたところ

まぁ、いつもの世間話…切ろうかなと思っていたら

「あ、それはそうと、この前オレオレ詐欺、かかってきたわよ」

「…はぁ⁈」  (・・?)

合言葉決めてなかった…
「女の人から、かかってきたの?」

「還付金の方よ」…と…
騙されたのか⁈
ト・ト・トホホーーー(−_−;)
テレビの中だけの話だと思ってたぁ

おかしいと思いつつも、質問をしていた様子、でも騙されずに済んでいた

おかしいと思った電話は、手短に切ることが大事、と再確認した


2018年5月29日火曜日

休日

       

生田緑地

薔薇を見に行きました

盛りが過ぎていたので、枯れていたものもありましたが、

とても綺麗でした




ボランティアの方が育てているということで

入場無料

募金をするとお花の種がもらえます

暑すぎずとても気持ちの良い休日でした




次回は、紫陽花かな~

2018年5月28日月曜日

沼津深海水族館

美味しそうでした


久しぶり幼児のお子さんとお出掛けをして来ました。
前日からおやつを買いに行ったりしおりを作ったりと一人で興奮してした。
26日(土)は、日差しも強くなくお出掛け日和でした。
深海水族館を馬鹿にしていましたがなかなか大人も楽しめます。

昼食は、かもめ丸で海鮮を食べてきました。あまりにもお腹がすきすぎて写真を取るのを忘れてしまいました。

沼津港バルをしていたのでいたるところでイベントをしていました。

2018年5月21日月曜日

B級グルメのスマル停御殿場店に行ってきました。


モーニングに新商品が出ていたので注文してみました。


えびせんの里にも寄ってきました。
体験コーナーが出来たそうです。
体験料1枚300円です。
土曜、日曜の12:00~16:00先着順です。
生地がなくなり次第終了とのこと。

その後は、仙石原の温泉に!
 
残念ながら営業時間前で入れませんでした。( ;∀;)

仕方がないので勘太郎の湯に行ってきました。
時間によっては、貸し切り状態
のんびりと入れました。

満足な1日を過ごしました。






2018年5月14日月曜日

4月の一句

お題「春の動物園」で一句(15票中11票獲得)
春の日は動物園の大あくび
(はるのひは どうぶつえんの おおあくび)

春の日:春の一日をいう。のどかで暖かくゆったりと、長く感じる一日である。[季]春

☆想い(作者意図)
動物たちも、飼育員も、お客さんも、大あくびしてしまうくらい春の一日は、のどかで暖かい事を詠んだ一句


4月は2句しか詠めませんでした。というより大スランプ中です。
今は写真や画像をそのまま、ではなく。自分が感じたままを言葉にとおもっているのですが、なかなか上手くいかない。しばらく続きそうです。

選ばれなかった句はこちらです。

お題「桜と富士山」で一句(15票中4票獲得)
花散るや震える四肢のとねっこ
(はなちるや ふるえるししの とねっこ)

花散る:桜の花が盛りを過ぎて散ること。花吹雪、桜吹雪といえば、吹雪のように花びらがいっせいに舞い散ること。散り果てたあとも、花の塵、花屑といって愛でる。[季]春

☆想い(作者意図)
花が散る姿には儚いイメージがある。そして儚いといえば・・・
サラブレッドを生産している牧場にとって日本ダービーは夢。
人間はその夢を託す。生まれたばかりの立ち上がろうとしている「とねっこ」に。その震える四肢に・・・

とねっこ=生まれたばかりの当歳の仔馬



4月中に詠んだ一句がこちらになります。
勝手に一句(※は投稿した一句)
※焼きたての甘し薄暑のビスケット(やきたての あましはくしょの びすけっと)
薄暑:[季]夏

青空をなでる桜は赤白と(あおぞらを なでるさくらは あかしろと)
桜:[季]春

夜桜のまぶし人々シルエット (よざくらの まぶしひとびと シルエット)
夜桜:[季]春


※廃校のあさ校長に鳴く蛙(はいこうの あさこうちょうに なくかわず)蛙:[季]春

掴めてもぬるっとしてる春夕焼(つかめても ぬるっとしてる はるゆやけ)春夕焼:[季]春

※梅雨と傘響いて楽し青信号(つゆとかさ ひびいてたのし あおしんごう)
梅雨:[季]夏

※じいちゃんの競る初鰹市の朝(じいちゃんの せるはつがつお いちのあさ)
初鰹:[季]夏

※初恋は向こうに薔薇とワンピース(はつこいは むこうにばらと わんぴーす)
薔薇:[季]夏

※曇り空貼り付く風の若葉かな(くもりぞら はりつくかぜの わかばかな)
若葉:[季]夏

5月はプレバトの放送が5回あるはずなので最低5句は詠みたいですが、大スランプ中なので・・・しばらくは考えず無心になります。

それではまた(=゚ω゚)ノ

まつぼっくり食べ歩き委員長~うま兄貴~

久しぶり・・・・、10年ぶりくらいでしょうか。

「一蘭」に行ってきました!!


横浜桜木町の一蘭です。
最近、ダイエットというか健康管理というか、減量というか。
少し、食事制限していたので、無性に「濃い味のらーめん」が食べたくなって。

一蘭に行ったことが無い方にシステムの説明。


①券売機で食べたいものの券を購入。

②席に着く。これが、個室のように、両脇と目の前に仕切りがあり、「集中してラーメンに向き合う」ようになっています。
 上の「五」は、座席の番号です。赤い部分は、ラーメンについての説明がかいてあります!


③「麺の固さ」や「味の濃さ」、「ネギの種類」などなど、細かく好みの味を記入用紙にマルをします。
 テーブルに「呼び出しブザー」が付いているので、押せばすぐに店員さんが来てくれます。

④ラーメンが前の暖簾の向こうから出てきて、店員さんからとっても丁寧で長いお辞儀をしてもらい、ラーメンが届く。

 あっ、ビールも写ってしまった・・・

⑤集中して食べる!!


面白いのが、箸袋の裏側が「追加メニュー」を注文できる用紙になっている。



久しぶりで、とても美味しく、替え玉までしてしまいました!!!

2018年5月11日金曜日

ロンリー・ジャーニー

実はここのところ気になっている男の人がいて…
これって、もしかして…恋???
その人の名前は…

源九郎判官義経 キャッ言っちゃった(照)

義経ブームなんですよ、本当に。
義経伝説は全国各地にありますが、実はここ藤沢市にもたくさんあるんです。
この井戸は「伝源義経首洗井戸」。国道467号白旗交差点のすぐそばにあります。吾妻鏡によると奥州平泉で自決した義経の首は鎌倉腰越に運ばれました。
首実検の後、打ち捨てられた首が川を遡り藤沢で拾われ、この井戸で洗って白旗神社に祀られたということなんですって。



 白旗神社の白旗はもちろん源平合戦の源氏の旗の色ですね。
この慰霊碑は平成11年に義経没後810年ということで白旗神社に建立されました。
義経と言えば弁慶。
江ノ島に向かう車で渋滞する国道を渡って、細道を入ると急に緑が深くなり、清閑な空間。ひっそりと弁慶塚がありました。


そんなの噓だよと笑う人は笑ってください。
私は歴史の研究者じゃないから、本物かとか史実はこうだ、なんてのはあまり関係ないんです。ハートがときめいちゃってるんです。
だって、史実って言ったって時の権力者への忖度もあるだろうし、書き換えや改竄はあるだろうしね(笑)。


今日のお薦めは、山本達彦で「ロンリー・ジャーニー」
ロマンだねぇ~

1周忌


 早いものでさくら1周忌
 
 いつもより、ちょっぴり豪華なお花を飾りました

 黒柴をみかけると、自然に目で追い、

 「めちゃくちゃかわいい・・・」と

 思わずつぶやいています

 また、犬と一緒に過ごせる日がきますように・・・


余談・・・最近、子供たちが小さいのDVDを観ていると

そこに、飼っていたプレーリードックが映っていて~

「かわいい!」

長男が小学校1年くらい?愛しそうに、プレーリードックの
ラブちゃんをなでていました

動物っていいですね

2018年5月7日月曜日

川越の087(オハナ)で親子丼を食べてきました。
食事をするのに30分以上待ちました。
待てる方は、是非行ってみて下さい。
待てない方は、駅のデパートで玉子サンドのお土産をどうぞ

川越氷川神社です。
お宮参りをされてる方が多かったかな?
おみくじの鯛です。
されたい方は、行ってみるのも良いかもしれません。
朝9時ごろ行かれたほうが駐車場に入れます。
穴場は、川越八幡宮のそばが一日800円。
だけど小江戸川越までは、歩きます。
歩くのが苦手な方は、川越市役所駐車場をおススメします。




2018年5月5日土曜日

材料同じなのにσ(^_^;)


ついこの間、初めて美味しいハンバーグが出来た‼︎

なぜ美味しくできたのか。。。

肉厚大判4分割、大胆な大きさにしたところが良かったのか?

自己流をやめたから良かったのか?

はたまた、玉ねぎを炒めなかったのが良かったのか?

美味しさの秘訣は、不明
この美味しさ、また再現できるのか。。。




飼い犬に噛まれ!最悪⤵

先日、プチリフォ-ムで、自宅に、業者さんが来ました。

インタ-フォンが、鳴っただけで、ワンワンと、吠えます。

あまりにも、うるさくて、作業の方の声が聞こえないくらいで、

思わず、うるさいっ!!と、叩いてしまったら、ガブッと親指を

噛まれてしまいました。

1週間以上、痛くて、親指を動かせなかったんです。

どうしたら、ムダ吠え、やめてくれるのでしょうか?

主人は、全く注意しません

2018年4月26日木曜日

まつめし(まつぼっくり飯)~うま兄貴~


まつぼっくりが、カフェ&レストランをオープンしてから、約1年がたちました。
従業員割引があり、「味噌汁だけ!」とか、「ポテトサラダだけお願い!」なんて、うま兄貴のわがままも聞いてもらえているので、ほんとに助かってます~。

日替わりランチもはじまり、お客様も喜んでいるようで、限定5食が12時前に売り切れなんてことも

で、楽しみにしていた日替わりランチの「オムライス」。


ケチャップで「くぼ」と、「💓」。

出されたときは気が付かない、鈍感兄貴。
「お!!!」

照れと嬉しさで、幸せ気分。

さっ、午後の仕事もがんばるぞ!!


2018年4月13日金曜日

NEW ERA

最近立て続けに、幸福とか豊かさについて考える機会がありました。
ラッセルの「幸福論」は読むの大変そうだから「100分で名著」でチェック(笑)。
前野隆司氏の「幸せのメカニズム 実践・幸福学入門」工学博士が哲学や心理学とは違う立場から、統計解析によって研究したもの。これによると地位財(ものやお金や地位など)で得る幸せは長続きしない、逆に無い方が幸せ感をより感じられるということ。
村上春樹「騎士団長殺し」画家のアトリエの誉め言葉として「必要なものはそろっていて、余計なものは何ひとつない」これだねぇ。要らないものは要らない。要らないものがたくさんあると必要なものを探す手間がかかって仕方がない。どんなに安くたって要らないものは要らない。
だいたい、安いには理由がある。弱者からの搾取。途上国の子供たちの過酷な児童労働。
ストランゲル著「このTシャツは児童労働で作られました。」自分だけ良ければいいってのは多分幸せに一番遠い。


今日のお薦めはナルバリッチで「NEW ERA」
ナルバリッチはNull(何もない)but Rich(だけと豊かで満たされている)ということです。





2018年4月12日木曜日

2018年4月10日火曜日

3月の一句

お題「入学式と桜」で一句(15票中8票獲得)
駆け上る子らに桜の吹雪く朝
(かけのぼる こらにさくらの ふぶくあさ)

桜:[季]春

☆想い(作者意図)
子供達が元気に坂を駆け上って行く姿を桜が観ていて吹雪いた。
応援しているのか?驚いているのか?子供達が桜を吹雪かせたのではないか?
と詠んだ一句

3月の一句が決まりました。
色々あれこれ考えましたがシンプルな発想の一句が選ばれました。
選ばれなった句は以下の通りです。

お題「ひな祭り」で一句(3票)
雛送る彼方へ明ける涙まで 
(ひなおくる かなたへあける なみだまで)

雛送り:三月三日の夕方、紙などで作った雛人形を川や海に流すこと。
雛祭の元となった行事であり、紙の人形に穢れを託して流したことに始まる厄払いの行事である。[季]春

☆想い(作者意図)
雛祭りに特別な想いを持った女性がいる。時にその思い出が女性を苦しめることも・・・友人に供養してもらったら?と言われ雛送りへ。
舟の上の雛が海へと送られ水平線の彼方へ消えた。夕方から始まった雛送りは夜になり皆家路へ。女性は1人佇み、夜が明ける。
涙に暮れた夜は終わり、女性は新たなスタートを切ることができた。


お題「都会のたんぽぽ」で一句(2票)
ビルの間に吹く蒲公英や青き空
(びるのまに ふくたんぽぽや あおきそら)

蒲公英:蒲公英は黄色い太陽形の花。西日本には白色の花も見かけられる。花が終わると、絮が風に飛ばされる。[季]春

☆想い(作者意図)
都会のイメージは人が多い、窮屈、時間の過ぎるのが速いなど。
そんな生活に馴染めない人がここにも一人。
ビルの谷間で蒲公英を見つけて吹いてみた。絮が空へ飛んでいく姿を見て、
自分もこの喧騒から逃げたい、抜け出したい。
こんな気持ちを詠んだ一句


お題「桜と新幹線」で一句(2票)
君離す手握り合う散る桜
(きみはなす てにぎりあう ちるさくら)

散る桜:桜の花が盛りを過ぎて散ること。花吹雪、桜吹雪といえば、吹雪のように花びらがいっせいに舞い散ること。散り果てたあとも、花の塵、花屑といって愛でる。[季]春


☆想い(作者意図)
手だけに焦点を絞った一句。
何らかの理由で別れなければならないカップルが居る。
繋いでいた手を放した君。だが自分は諦めきれず再び手を取ると君も握り返してくる。
この後二人がどうなったかはわからない。
散って行く桜だけが知っている。


3月中に詠んだ他の一句はこちらになります。
勝手に一句(※は投稿した一句)
春の日は竿いっぱいのシャツの白(はるのひは さおいっぱいの しゃつのしろ)
春の日:[季]春

※透ける色重ね三色菫かな(すけるいろ かさねさんしき すみれかな)
三色菫:[季]春

※恋話に真白き桜もち染まり(こいばなに ましろきさくら もちそまり)
桜もち:[季]春

花見酒充ちて粘っ濃い恋ばな(はなみざけ みちてねばっこい こいばな)
花見酒:[季]春

風光る学び舎の日々あとちょっと(かぜひかる まなびやのひび あとちょっと)
風光る:[季]春

金盞花挿される机君消えぬ(きんせんか さされるつくえ きみきえぬ)
金盞花:[季]春

※君逝きて記憶を空へ金盞花(きみいきて きおくをそらへ きんせんか)
金盞花:[季]春

※髪黒に老婆と蝶々再会す(かみくろに ろうばとちょうちょ さいかいす)
蝶々:[季]春

※富士の味旨し新茶に映りこん(ふじのあじ うまししんちゃに うつりこん)
新茶:[季]夏

※腹白も天敵多し雨蛙(はらしろも てんてきおおし あまがえる)
雨蛙:[季]夏

スカートの裾から香る花吹雪 (すかーとの すそからかおる はなふぶき)
花:[季]春


川沿いの桜に滲む水平線 (かわぞいの さくらににじむ すいへいせん)
桜:[季]春


ビルの灯と月を飲み込む朝桜 (びるにひと つきをのみこむ あささくら)
朝桜:[季]春


漆黒に白まぶしくて花吹雪 (しっこくに しろまぶしくて はなふぶき)
花吹雪:[季]春


夜を翔ける花は鳳凰羽ば猛る (よをかける はなはほうおう はばたける)
花:[季]春


※蛤にぎゅうぅぅっと海が掴む子ら(はまぐりに ぎゅうぅぅっとうみが つかむこら)蛤:[季]春

東京タワー燃ゆる桜は白く散る (とうきょうたわー もゆるさくらは しろくちる)
桜:[季]春


※学び舎を去る春風と君となり(まなびやを さるはるかぜと きみとなり)
春風:[季]春

リア充に獣のごとき川桜 (りあじゅうに けもののごとき かわざくら)
桜:[季]春

紫のそら花吹雪くスカイツリー (むらさきの そらはなふぶく すかいつりー)
花吹雪:[季]春


青空に桜も城も雪化粧 (あおぞらに さくらもしろも ゆきげしょう)
桜:[季]春 


※蟻進む跡あたらしき小さき森(ありすすむ あとあたらしき ちさきもり)
蟻:[季]春


とにかく桜が多かった3月でした。4月からのプレバト!!は12日に俳句タイトルをかけた俳桜戦の放送があります。
昨年は東国原英夫さんがタイトルを獲得しましたが今回はどうなるのでしょう。

お題は「桜と富士山」・・・また桜です。(;^ω^)

それではまた(=゚ω゚)ノ

2018年4月4日水曜日

新年度がはじまりました~うま兄貴~

新年度がはじまりました~うま兄貴~

新年度がはじまりました!
新聞やテレビ・ネットのニュースでは、「入社式」のネタが多く、親が入社式に来る問題やら、マクドナルドでは「ポテトは長いのが偉いわけではなく、短くてもカリカリのもそれぞれ違って良い」な~んて、”みつお”風『みんな違くてみんないい』みたいなもやら。



まつぼっくりは「入社式」はありませんが、新年度がはじまり、みんな気持ちを一新しております!





そんな中、「桜」が満開。

日曜日、山梨県の身延山久遠寺の枝垂れ桜、見てきました!
今年も、桜を見る季節を迎えることができて、幸せです。

仕事運のおみくじは、大吉。
今年は、攻めます!!!

2018年3月29日木曜日

「ついついやってしまうこと」


バタバタバタバタ、廊下を小走り

( ゚д゚〜
「廊下は走らないのよ」

と、言われてもーーーーーー

どうしても
小走りしてしまうのであった


ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


ん〜ん歩けない、やめられないーーー

_| ̄|○



2018年3月28日水曜日

追いかけて

ミーハーなものですから・・・
近所に有名人が来たところがあると聞くと行ってみたりします。
自宅から自転車で15分、川沿いの桜並木を見ながら着いたところは


小田急線鵠沼海岸駅近くのマリンロード。
道標をたどると・・・





明治から昭和にかけて、広大な割烹旅館「東屋」があったそうです。
訪れた有名人とは、
芥川龍之介、川端康成、志賀直哉、小泉八雲、堀辰雄、武者小路実篤などなど・・・!!!
「フレスコ 国立競技場」の画像検索結果小説家だけではありません。2020東京オリンピックに向けて建設中の新国立競技場の壁に移設されることが決まっているフレスコ画の作者長谷川路可は東屋の二代目女将の息子さんです。この地で幼少期を過ごしたそうです。

歴女(レキジョ)ではないんだけど、なんだかワクワクして郷土史ってのを追いかけてます。


今日のお薦めは、国安わたるで「追いかけて」
3月、卒業ソングと言えばこれだなぁ。