2017年8月14日月曜日

夏休み

小学校1年生の息子は、毎日、学童クラブと
習い事で終わりそうです。

先日、庭で、バッタを捕まえた!と
虫かごに入れて、喜んでいました。


少々、見えずらいですが、私は、虫は
触れないので、本人にとっては、夏休みの
1番の出来事でした。
トカゲを入れて帰って来たときは、びっくりしました。(>_<)


2017年8月9日水曜日

7月の一句

お題「海と駅」で一句
鳥巣立つ 彼方へ海の 無人駅
(とりすだつ かなたへうみの むじんえき)

鳥巣立つ:春、巣の中で孵った雛鳥が飛べるまでに成長し、初夏の頃に次々に巣から離れていくこと[季]夏

☆想い
お題の写真を見た時、最初に浮かんだのは光景ではなくゲームのBGM。FF3の「果てしなき大海原」
主人公達の住んでる場所が浮遊大陸で外の世界へ飛び出した時に流れる。
一面空も海も青の世界で、とても寂しかったのを覚えている。

雛鳥が巣立って行く。自分は一人、海が見える無人駅に取り残された。
目の前には青だけの世界。
主人公達が感じていた寂しさと作者の寂しさが重なった一句


◆他の一句はこちらです。

◇お題「海」で一句
夏風邪や 起きぬおでこに 養母の手
(なつかぜや おきぬおでこに ようぼのて)

夏風邪:クーラーなどにあたりすぎると免疫力が低下して、夏風邪を引きやすくなる。症状はそんなに重くならないが、長引くことが多い。 [季] 夏

☆想い
海から発想を飛ばし、海の見える街→魔女の宅急便のキキがモデル。
夏の朝、風邪をひいて起きられない所に突然おでこに冷たい感覚。
ゆっくり目を開けると養母が立っていて、おでこに手を当てて今日は1日寝てていいよと言ってくれた。
手は冷たいのにとても暖かい。人の優しさを感じた瞬間だった。



◇お題「夏祭り」で一句
満腹の 娘は夜店 かぶりつく
(まんぷくの むすめはよみせ かぶりつく)

夜店:神社仏閣の縁日などに、境内や参道に並ぶ食べ物や玩具などを売る露店のこと。裸電球やアセチレンランプに灯が点り始めると一段と活気づく。[季]夏

☆想い
娘と夏祭りに来ている。人込みをかき分けながら出店を回ってお腹いっぱい。
休んでいると娘は違う出店に行ってしまった。
近くに行ってみるとリンゴ飴にかぶりついていた。色気より食い気。


◇お題「線香花火」で一句
ホームステイ 終えて机の 花火視る
(ほーむすてい おえてつくえの はなびみる)

花火:種々の火薬を組み合わせ、夜空に高く打ち上げて爆発の際の光の色や音を楽しむもの。もともとは、秋祭りの奉納として打ち上げられた。[季]夏

☆想い
ホームステイを終えて帰宅。一番の思い出は帰る前日の夜にした花火。
自室の机の上にお土産でもらった花火を見ながら、その事を思い出す。
自分と異国の友達との友情の証。


今月はこんな感じです。
8月は暑さというより秋に向けてのお題が出てきます。
8月3日のお題は「真夏の海水浴場」
8月10日のお題は「帰省ラッシュ」
恐らく8月17日あたりから秋の季語が主役になるようなお題が出てくるかもしれません。
ちなみに「盆踊り」夏の季語ともいきや、秋の季語です。

それではまた(=゚ω゚)ノ



2017年7月31日月曜日

毎年咲く花



ご近所の方に頂いた鉢植えです。
私の世話不足もありますが、鉢植えで 毎年 花を咲かせてくれるのは 
これ1つだけです。
今年もきれいな花をありがとう。癒されます。

2017年7月27日木曜日

うま兄貴の10年の同居人の話~告白~

うま兄貴の10年の同居人の話~告白~

告白します。
うま兄貴の10年以上の同居人・・・・


ぬか床!!!

「同居人!」って、「人」ではありませんけれど~!だけど、唯一我が家の自分以外の「息をしている」存在。それが、ぬか床。


今年は春から、なかなか苦戦しておりまして。
やっと落ち着いてきたかな~。

酸っぱくなり、粉からしと唐辛子を入れたり~
水っぽくなったりと。
色々ありました。


このぬか床、実は藤沢の「伝説のぬか床」と言われた、某とんかつ屋さんから少し分けていただいたものが混ざっています。
けれど、惜しまれつつ昨年閉店となり、あの幸せなとんかつ屋さんは思い出となってしまいました。
とんかつ屋さんのおとうさんとおかあさん、お元気かな~。
おとうさんは、いつもやさしくしてくれましたね!福祉の仕事頑張っているからって!
おかあさんからは「今日は飲み過ぎじゃないの!」なんて、注意してもらったり。

もう食べることができないけれど、
しかし!我がぬか床では、とんかつ屋さんの伝説の「ぬか床」が生きている!
なんだか、不思議な感じがします。


今年の夏は「白茄子」と「みょうが」がお気に入りです。



朝と夜の2回、ぬか床を混ぜる日々が続きます~!

2017年7月26日水曜日

どうしたもんじゃろなあ Part2

昨年10月26日のブログで紹介しましたカブト虫
捕獲した二匹から 産まれた幼虫

寒~い冬を我が家のベランダで過ごし、暑い夏を迎え・・・

出て来ましたぁ~ 

今 オスとメス 二匹

・・・土の中にあと二匹いるようです。

自然界に放したほうがいいのかな…?
どうしたもんじゃろなあ

2017年7月21日金曜日

君は1000%

今は昔のこと
夏休みの過ごし方 午前中の涼しいうちに勉強して、日中は外で元気に遊びましょう。

・・・午前中涼しくないですからっ!
朝起きた時点ですでに暑いですからっ!!
日中外で遊ぶと命にかかわりますからっ!!!
確かに昔も「死ぬほど暑い」とは言いましたよ。でもそれは「日本では暑さで死ぬ人はいない」という大前提があっての慣用句。今や冗談にならないですもんね。


気象庁の予報用語 日最高気温が25℃以上の日を夏日という

・・・それ今朝の最低気温ですからっ!!!


今日のお薦めは、1986オメガトライブで「君は1000%」
1986!えっ?30年以上も前?いやぁ年取るわけだ(笑)
昔は良かったなんていう大人にはなりたくないと思っていたけれど・・・
昔は良かった。昔は猛暑だの酷暑だのって言葉すらなかった。


2017年7月10日月曜日

6月の一句

お題「雨の銀座」で一句
寄り添うて 傘とづ君と 梅雨の星
(よりそうて かさとづきみと つゆのほし) 

梅雨星:梅雨の晴れ間に見える星。雲間に少し見えることもあれば、梅雨晴の夕空に輝くこともある。 [季] 夏

☆想い
相合い傘をしていたが雨が止んだので傘を閉じた。
雨あがりの空を見上げると星が輝いている。二人の距離がより縮まった。


◯他の一句はこちらになります。

◯「雨のフロントガラス」で一句
じめじめの 洗われ午後を 包む虹
(じめじめの あらわれごごを つつむにじ)

虹:雨の後、太陽と反対側の空に現れるアーチ状の七色の帯。夏の季語とされているのは夕立の後あらわれることが多いためである。 [季] 夏

☆想い
じめじめとした空気を洗うかのように雨が降り、澄んだ空気に包まれた午後。
いつもより虹が輝いているように見えた。


◯「鎌倉の紫陽花」で一句
気づかずと 気づきし晴れの 紫陽花を
(きづかずと きづきしはれの あじさいを)

紫陽花:日本の梅雨を代表する花。花びらのような四枚の萼の中心に粒状の花をつけ、これが集まって毬を形づくる。ピンク、白、青紫と花種も多く、また色が変わるので「七変化」ともよばれる。庭木や鉢植えとして栽培される。 [季] 夏

☆想い
晴れの日の紫陽花を見た事が無い。見たことはあるが「見た」という記憶が残っていない事に目の前の紫陽花を見て今気付いた。


◯「学校の傘立て」で一句
放課後の 君がつないで 梅雨駆ける
(ほうかごの きみがつないで つゆかける)

梅雨:六月ごろ、ひと月にわたって降りつづく長雨。さみだれのこと。ちょうど梅の実の熟れるころなので梅雨ともいう。梅雨の季節をさすこともある。[季] 夏

☆想い
放課後の昇降口。外は雨。相合い傘をして帰ろうとおもったが君は僕の手を取って走りだした。梅雨の暖かい雨を感じながら手を繋いで走る。なぜか楽しかった。


今回は一句を詠んだ想い(説明)を入れてみました。
皆さんはどんなふうに感じるのでしょう・・・

6月29日に俳句名人、特待生よりタイトル戦(炎帝戦)がありました。
この一句は7月分に回してアンケを取ろうとおもっています。

7月に入り暑くなってきて、お題も「海」が多くなりそうです。
それではまた(=゚ω゚)ノ

七夕



関東は暑い暑い七夕でした

福岡、大分などは豪雨の被害がすごくて・・・

異常気象とひとことで言ってしまえばそれまでですが、

孫の世代に地球はどうなっていくのかと

不安になります

だからこそ、自分にできること

ちいさなこと

なんでもいい

日常生活に意識したいな



今月は、2年ぶりに実家に帰ります

高齢の母と叔母に会ってきます

田舎に生きる高齢者は、今を安心して暮らせているのかな・・・

楽しみもあり不安もある帰省です

2017年7月6日木曜日

「祭りの前夜」



商店街の飾り完成

屋台の組み立て…

明日から三日間
混雑するけど
町の祭り

7月7日仕事終わり
プラプラしてから帰ります





「いつもの時間に居る、彼」



夕食の時間
駅のバスロータリーでバスを見送る

バスが停車している時は、眉が下がり不安げな表情

バスが出発すると

運転手さんへ
笑顔を贈っている

相手が気ついているかわからない。。。


日々
彼の様に、笑顔で見送ることができているだろうか






交通事故…、

6歳の息子が、交通事故に遭ってしまいました。

3トントラックと接触。

もう、ダメかと思いました。

けれど、左足首の骨折。

1か月間は、固定することに


本人は、元気で走ってしまうので、早く治るかな


                    し                                                  


2017年6月29日木曜日

どこ行くの? 鎌倉じゃないの?

紫陽花を見に行くというので
てっきり大好きな鎌倉(やったー!!)と思ったら



向かう方向が違う~~~

開成町  あじさいの里
どこから入っていくのか分からず
迷いながら到着




到着して見えてきました
田んぼや茶畑の周りに
すごい数の紫陽花
見事です

いつも歩かない我が家の犬も
足取り軽やか
♪ルンルンルン♫

2017年6月28日水曜日

姉妹犬


最近では あまり喧嘩もしなくなり 仲良し姉妹。
どこに行くにも一緒に歩き、鏡を見ているようです。


  

飼い主でも  あれ? どっちだっけ? という時 あります(^^;)


2017年6月23日金曜日

はじまりはいつも雨

 
土鍋とすり鉢とすりこ木それにカミソリ。
どこの家庭にもある道具。
これを使って何を作るのでしょう?つみれだんご鍋?おでん?










答えはジャーン!!!


フランスパン。パン・ド・カンパーニュもどき( ̄▽ ̄;)。

手で捏ねて、土鍋にお湯を張って発酵させ、すりこ木をのし棒に使って成型。
おしゃれ?な焼き目は二次発酵をすり鉢でやったから。焼く直前にカミソリで切れ込み(クープ)を入れて、ごく普通の家庭用オーブンで焼きました。
ホームベーカリーとかカンパーニュ発酵カゴとかクープナイフとか、専用の便利な道具はいろいろあるらしいんだけど、家庭でお遊びで作るんだからね。無けりゃあ無いで出来るもんでしょ。おいしいよっ!
やたら「便利道具」とか「アイデア道具」とかいろいろあるけど、そもそも「道具」の語源は「仏道の具」。欲を捨て仏教修行に専心するための物らしい。私は宗教には興味ないけど、シンプルに暮らしたいとは思っている。

今日のお薦めはASKAで「はじまりはいつも雨」
雨の少ない梅雨ですね~。雨とお日様の自然の恵みさえあれば豊かでいられると思っています。


2017年6月8日木曜日

5月の一句

お題「こいのぼり」で一句
なでなでと 川の字の子に 鯉のぼり
(なでなでと かわのじのこに こいのぼり)

こいのぼり:端午の節句に男の子の出世と健康を願って立てる。江戸時代から のならわし。明治時代の末頃までは紙製であったが、今はほとん ど布製である。 [季] 夏


お題「新緑の公園」で一句
新緑の 風に包まれ 膝枕
(しんりょくの かぜにつつまれ ひざまくら)

新緑: 初夏の初々しい若葉の緑をいう。その頃のさわやかな気候ともあいまって、目にしたものの気持ちを清々しくしてくれる。また段々と緑を増してゆく木々の微妙な色の違いも、この季節ならではのもの。[季] 夏

今回は決戦投票までいきましたが勝負がつかなかったため
2つの一句が選ばれました。

選ばれなかった一句がこちらです。

お題「新緑の公園」で一句
緑陰の ベンチに伸びす 午後1時
(りょくいんの べんちにのびす ごごいちじ)

緑陰:夏の日差しのもとのよく繁った木の陰をいう。日差しが強くなってくると緑陰の涼しさは何よりである。緑陰で読書をしたり昼寝をしたり、家族で食卓を囲んだりするのも楽しい。 [季] 夏


お題「初夏の箱根」で一句
甘酒に 眠る子負うて 山おりる
(あまざけに ねむるこおうて やまおりる)

甘酒: 白米を焚いて十分に搗きつぶし米麹とまぜて密封し一晩置くか、粥に焚いた白米に米麹を混ぜ密封しする。両者とも温度によって発酵の違いがあるが、一夜でできあがることから一夜酒ともいわれ、古くは祭酒に使われた。江戸時代には暑気を散ずるとして夏に好んで飲まれていたが、現在では主に冬に熱したものが飲まれることが多い。[季] 夏


今回は季語に説明文を入れてみました。
NPO法人「きごさい」という団体のネット歳時記「きごさい」からコピペです。


6月といえば梅雨。雨の日が多くなるので、お題も雨のお題が多くなりそうです。
ちなみに6月1日放送のお題は「雨のフロントガラス」 6月8日放送のお題は「鎌倉の紫陽花」

それではまた(=゚ω゚)ノ


2017年6月6日火曜日

長男家を建てる!

25歳の長男の家が完成しました!

お嫁さんは、7月に男の子を出産予定!

おばあちゃんとは、呼ばせません!

だってまだ、小学校1年生の息子がいるのですから!


おしゃれなお家でした。

7メ-トルの吹き抜けがあり、

2Fには、1Fが見渡せるフリ-スぺ-スがありました。

2人で、考えたようです

2017年5月31日水曜日

草むしりと収穫

 
   疲れた  (>_<)




大きな花瓶は無理だけど...!(^^)






朝市 in HAYAMA


ある休日の葉山・・・
朝市におじゃましました
早朝なのに
すごい人・人・人
びっくりです


オリーブオイルの量り売り
やっていました


葉山という土地で
海の幸を買えばよいものを
つい大好きなものに目を奪われ
甘いものばかり購入してしまいました

このあと・・・
反省の日々を送ることになりました

夜更けのタンメン

久々に食べたらやっぱり美味しい‼️

酸味の効いたスープ
わかめたっぷり
玉ねぎ最高ーーー(((o(*゚▽゚*)o)))
玉ねぎ大盛り追加したい。。。くらい
ラー油も少々

ラオシャンのタンメン、また食べたい
(老郷)の(湯麺)

♪───O(≧∇≦)O────♪

2017年5月24日水曜日

初恋

最近、朗読にハマっています。読む方でなく聞く方。来月朗読家の幸田弘子さんの講演会に行くことになったので、事前勉強にと聞いてみたら、まあ面白い!
ここで白状します。恥ずかしながら今まで「にごりえ」も「たけくらべ」も読んだことがありませんでした(汗)。樋口一葉は擬古文とか雅文体とか言われる文体でまあ読み難いですよね。手に取ってもチンプンカンプンだったのです。
ところが、字を追いながら朗読を聞くとこれが素晴らしい。本が3Dになったみたいです。字が飛び出すのではなくイメージがパァっと広がるのです。美登里やお力が生き生きと動き始めます。人間の業(ごう)がゾワゾワっと感じられます。映像化するとイメージは限定されてしまいますが、耳から聞くと自由で果てしない広がりがあります。
他の作品もと図書館で借りてみました。岩手出身の長岡輝子さんの朗読で宮沢賢治を聞くとこれがまたすごい。「永訣の朝」の「あめゆじゅとてちてけんじゃ」はこれなんだとわかります。
誰でも小さいときは寝る前に読み聞かせをしてもらいましたよね。でも大人だって読んでもらったら自分で読むのとはまた違う楽しみがありますよ。

今日のお薦めは、村下孝蔵で「初恋」
急に暑くなりましたねぇ。金鳥のCM大沢くんと高山さんシリーズが再開されて夏の訪れを感じます。胸キュンです(爆笑)

2017年5月17日水曜日

行って来ました。


5月13日にEXILE THE SECONDヽ(^。^)ノ
昨年は一度もLIVEのチケット抽選に当たらず…やっと当たって主人と2人で参戦して参りましたぁ~。最高な3時間でした。声が嗄れてますが・・・すみません(;一_一)

2017年5月12日金曜日

知ってましたか?~うま兄貴の実験君~

知ってましたか?~うま兄貴の実験君~

 
 ほら!ニンニクが青色に~!!

 決して、カビているわけではありません。
 ニンニクをお酢で漬けると、こんな色になるんですよ~。
 このまま食べても特に問題はないそうです。
 ニンニクの鉄分とお酢が反応しているらしいです。



 これは、ニンニクの醤油漬けを作るための下準備。
 このまま1週間。 
 その後、お酢を取り出し、醤油を入れて漬けます。

 できあがりが待ち遠しい!
 そのまま食べても良いしい、ニンニク醤油は万能調味料!!
 
 


 でも、気をつけて食べないとね~。
 なんせ、介護のお仕事だからね~。

2017年5月11日木曜日

我が家の姫



我が家の姫が亡くなりました・・・

12歳2ヶ月

肝臓癌でした

脾臓が腫れ上がり、貧血がひどく、輸血、オペ

再び目を開けることはありませんでした

オペの映像見せていただきました

肝臓に真っ黒い癌が3つ

今回のオペで回復しても、ずーっと癌との闘いが待っていたでしょう

苦しまず、麻酔で眠ったまま逝ってしまったさくら

私がかけつけたときには、心配停止でしたが暖かかった

大きなお腹の傷が痛々しかったけど、穏やかに眠っているような顔でした

私が、癌の治療で心配しないように、仕事で看病が思うようにできない、抗がん剤なんてどうしよう、

なによりさくらの苦しむ顔が辛い・・・

いろいろな思いをさせないようにそのまま逝ったさくら

そこまで気を使わなくてもいいのにね

ただ、私が病気に気がついてあげられなかった

しんどかったと思う

食欲も落ちて、少し痩せてきた

歳のせい?すぐに病気を疑わなかった

先生には、おかしいと思った段階でも結果は同じだったと思うと言われた

だったら、せめてもっと優しくいっぱい可愛がってあげればよかった

もっともっと遊んであげればよかったし、一緒にいてあげればよかった

毎日一人ぼっちで寂しかったかもしれない


「もっと~していればよかった」なんて、いーっぱいあるけど、いまさらどうにもならない


でも、何より12年間家族を癒し、いつも家族の中心であったさくらに「感謝」です

この写真は、亡くなる4日前です

美人なおばあちゃんでしょ

「虹の橋」で待っててね

2017年5月9日火曜日

🎶ピアノの発表会!

先日、まだ、習い始めて半年の息子ですが

横浜のみどりア-トパ-クで

ピアノの発表会を行いました

1番目で1人で弾き、15番目に

先生と連弾をしました


連弾では、楽譜が必要なのに、私が忘れてしまい、

先生には、「無し」と言われましたが、

一番上の息子が、交渉してくれて、楽譜無しで、

無事に終えることができました

こんな感じで、いつも子供たちに助けられてます(^.^)/~~~

2017年5月6日土曜日

4月の一句

お題「茶畑」で一句
賞よりも 父の茶揉みを 次世代へ
(しょうよりも ちちのちゃもみを じせだいへ)

茶揉み:製茶の一過程 [季] 春

茶揉み職人の父。たくさんの賞を取って会社に貢献した。
しかし本当に大事なのはこの技を次世代に伝えていくこと。

こんな事をイメージしながら詠みました。


選ばれなかった一句はこちらになります。


お題「満開の桜」で一句
花片よ 君へ「最後」と 舞う頬に
(はなびらよ きみへさいごと まうほほに)

花片:桜の花弁のこと [季] 春


お題「校庭とチューリップ」
極まって 校舎の隅に 芽吹く朝
(きわまって こうしゃのすみに めぶくあさ)

芽吹く:木の芽が出ること [季] 春

5月になりました。
子供の日、母の日とイベントがあります。お題もそのあたりになりそう。
ちなみに5月4日放送のお題は「こいのぼり」でした。すでに一句詠みましたが発表は来月のブログで。

それではまた(=゚ω゚)ノ

2017年5月1日月曜日

ナナホシテントウムシ


ご無沙汰しております。黒助です。この写真は、もう先週のことになってしまうのですが、車を事務所の駐車場に止めたときにサイドミラーに止まっているテントウムシに気づきました。

最近、とんと見なくなったナナホシテントウムシではないか?と写真に撮ってみたら、七星でした。まあめずらしい。アブラムシを食べてくれるので、家庭菜園なんかではありがたい虫なんですが、うちでは目にした記憶はないんです。うちでも見たいなあ。

この写真のナナホシテントウムシは、このあと羽を広げて飛んで行ってしまいました。写真でも羽を広げ始めてますね。すごいです。飛ぶんですから。

みるたびに

八重桜、散ってしまいました
みるたびに思ってました・・・

濃いピンク、とっても美味しそう。

甘くてしょっぱい、美味しい味


桜の塩漬け
あんぱん

何年も食べてないなぁ〜

2017年4月26日水曜日



  通勤道...

    春 この時期 

    ピンクと黄 この場所が好き!

    車の中から眺めるだけのこの場所が好き!

    春をおもいっきり 感じることができる場所

    毎年 楽しみです。

 (昨日通ったら菜の花は刈り取られていました 涙) 



今年も 植えっぱなしのハーブが 元気にでてきました。
フェンネル ・ タイム ・ ペパーミント ・ アップルミント ・ ローズマリー
サラダにしたり スープに入れたり 肉料理 魚料理 お茶 オイルと大活躍しています。
採っても採っても生えてきて、タダなのが嬉しい!(^^)! 
虫もあまりつかず おすすめです。




2017年4月21日金曜日

Yesterday Once More

テレビを持っていません。あまり映像メディアに興味がないのかな?無けりゃあ無いでどうってことないので。
その代わりラジオのヘビーリスナーです。何を隠そういわゆる深夜放送世代の生き残りでして。
去年からタイムフリー機能が加わりましたね。放送時間を終えたものをさかのぼって聴ける機能。TwitterのTLをハッシュタグで追いながら聴くのも新たな聴き方。
最近の私は、朝7時半くらいに起きて、朝6時からのニュース番組を聴き、8時半から生放送のワイド番組を聴き、仕事を終えて夜になってから夕方のニュース解説番組を聴き、深夜0時に東京FMのジェットストリームを聴いて寝るという生活。夜のしじまの何と饒舌なことでしょう…。曜日によってはその後の深夜の生番組につづく。
もちろん、深夜放送も好きな時間に聴けるんだけど、聴いてみて分かったのは昼間聴く深夜放送はつまらないこと。ニュース番組はちゃんと聴ける時間にしっかり聴いた方がいいんだけど、夜中一人でお腹を抱えて笑ったり、思わず涙したりする深夜放送はタイムフリーだとつまらない。「録音録画あるいはCGやSEなどの技術が進歩して何でも作れるようになった今こそ生番組の価値は上がる」あるラジオパーソナリティの言葉だが蓋し名言である。便利なものはそれなりには活用しつつも、自分流でありたいなと思う。

今日のお薦めはカーペンターズで「Yesterday Once More」
When I was young I'd listen to the radio
Waitin' for my favorite song・・・
山崎ハコとか豊島たづみとか聞いて分かる人は、ぜひご一報ください(笑)



2017年4月19日水曜日

伊豆に行きました~!




義母の還暦祝いで伊豆旅行してきました~。

伊豆アニマルキングダム
動物とふれあい、子供たち大喜びでした。



キリンの顔が目の前に!!
餌をあげることができました。

ミーアキャット立った姿がかわいかったです!      





チーターの五つ子赤ちゃん
ふわふわでかわいい。

  




イベント 「サイにさわりなさい!」
触ってきました!!
意外と柔らかい?!
皮のソファーみたい?!







たくさん遊んで、美味しい食事いただいて、
朝は展望露天風呂に入って、テラスでまったり~ 
心も体も癒されました~!



2017年4月17日月曜日

 先日、近くの公園へ桜を見にいきました。
今年の桜は花付きが良く、長い期間キレイに咲いてくれましたね。

花の間から、月が見えました。


  しばらく見ていると、”花びら” ではなく、”花” のまま クルクルと落ちてくる
ものがあります。 不思議に思い、木に近づくと、”花”は落ちてきません。

 最初は、鳥がつついているのかと思ったのですが、姿も鳴き声も無く。
それでも、よーく見ていると!!!
 リスが花をかじっています! リスって、桜の花を食べるの?!

ネット検索してみると、桜の花を食べるのではなく、蜜を吸っているようです。
残念ながら、リスの写真は撮れなかったので、降ってきた桜を拾ってみました。

桜の花の蜜、これだけ吸ってお腹いっぱいになるのかな。。。。



 

 

2017年4月6日木曜日

✨ピカピカの1年生

入学式無事に終えることが出来ました


不安がいっぱいですが、大丈夫かな

初登校!

車に気を付けて無事に学校に着けるか心配


いってらっしゃい

工作

春休みに姪っ子と人形のマンション作り

木材を選び、内装の材料選び

想像すると、楽しくなってくる

骨組みは男性に任せ、内装と小物作り

集中すると、楽しくなってくる

姪っ子も一気に仕上げたい

明日は、宿題をするらしい


翌日、マンション作りの耐震補強

が、宿題はできてないらしい  (⌒-⌒; )

部屋の仕切りの壁作り、
天蓋付きベッド(←これ自信作)

皆、作業に夢中。。。

これは完成しないと、宿題できないよねー



*:.。..。.:*・春のひと時でした・*:.。. .。.:*


2017年4月1日土曜日

それは突然に。。。

夕暮れ時
スーパーへ

見慣れた景色、
正面に富士山と川
夕方は車の渋滞、空は黄金色なのに
電線でゴチャゴチャしてる


今日は、別ルートでスーパーへ
横目に富士山と川

景色のストレスなし

下から見上げると
川は、黄金色
川辺は、黄緑
富士は、裾野から頂上までねずみ色


富士の輪かく真っ赤っか。。。

家から1分、こんな景色もあったのね〜〜












2017年3月31日金曜日



島の灯台まで続く道

上から見るとこんなふうになっているのですね
綺麗~


下の写真は 西浜から見た江の島
いつの間に こんな形に!

3月のちょっとした発見でした。



3月の一句

お題「二宮金次郎と桜」で一句
受験生 眠る鉛筆 握りしめ
(じゅけんせい ねむるえんぴつ にぎりしめ)
受験生:受験を受ける生徒 [季]春

受験勉強をしていたが眠気には勝てずに机の上で眠ってしまった。
だけど絶対に合格してやるんだ!という意思が残っていて鉛筆は握りしめたままだった。こんなイメージで詠みました。

選ばれなかった一句はこちらになります。

雛祭りで一句
十二色 単衣ひとえと お雛様
(じゅうにいろ ひとえひとえと おひなさま)
お雛様:三月三日の節句に飾る人形 [季]春

卒業式で一句
「ありがとう」 黄昏の春 黒板を
(ありがとう たそがれのはる こくばんを)
春: [季]春

江ノ電と桜で一句
春巡る レディース手帳の 君を消し
(はるめぐる れでぃーすてちょうの きみをけし)
春: [季]春

4月は始まりの季節なのでお題も桜、入学式、新入社員の歓迎会等いろいろありそう・・・
ちなみに4月6日のお題は「満開の桜」とすでに発表されています。


それではまた(=゚ω゚)ノ

伊豆長岡

















ちょっこと行って来ました。

世界遺産、韮山反射炉

思ったより小さくて・・・でしたが、

江戸の時代にこれだけのものを作り上げた

江川英龍(ひでたつ)なる人物は、すごいな~と。

江川邸にも行って来ました。

この方、とても新し物好きというか、

茶目っ気もある方のようで、

鼻をほじる女性とか、居眠りする人とか、写真の無い時代に

ユニークな絵をたくさん残していました。

当時の人々の人間味あふれる姿が、面白かった。

勿論、建物もすばらしかった。

余談ですが、大河ドラマの「篤姫」は、江川邸で撮影されたそうです。


写真にあります韮山ビール

飲み比べましたが、私的にはいまひとつ・・・

お友達は、右から2番目太郎左衛門がおいしいと言っていました。


旅行全般、思ったより寒くて寒くて~

桜もつぼみでした。

次回、いつになるかわからない旅行は、

季節の良いときに行きたいなと思いました。


2017年3月28日火曜日

PPAPだけど・・・?

先日見つけたのですが

思わずにんまりしてしまいました

よくよく見ると

違うんですがね~♪ (´∀`*)ウフフ






2017年3月17日金曜日

星めぐりの歌

チャレンジド・ミュージカル劇団JAMBO「TUWANZE!~さあ行こう!~」の公演を観て来ました。
千葉県市川市のNPO法人いちぶんネットの公演です。子供からお年寄りまで障がいのある人を真ん中にしたミュージカル。ちょっと遠かったけど友人が出演することもあり、行ってきました。
「チャレンジド」というのは、ハンディキャップドとかディスエイブルドというようなネガティブな呼び方でなく、挑戦するチャンスや資格を与えられた者という捉え方の呼称だそうです。
迫力満点、素晴らしいステージでした。私の好きな宮沢賢治の童話を題材にしたものやラベルのボレロの演舞に感動しました。
障がいがどうこうというのでなく、純粋に芸術表現として。
どっどど、どどうど、どどうど、どうど・・・又三郎と吹く風はこの中の誰一人欠けても表現できないことが分かります。一人の演者からだんだんと増えていき、最後はステージいっぱいにひしめく人数になって繰り広げられるボレロ。「みんな違ってみんないい」の意味が頭でなく心で分かる作品でした。

今日のお薦めは、宮沢賢治作詞作曲の「星めぐりの歌」

2017年3月7日火曜日

2月の一句

お題「梅と大宰府天満宮」で一句
「ごめんね」と 受験のあとの 君の絵馬
(ごめんねと じゅけんのあとの きみのえま)

受験:入学に際して二月下旬から三月上旬に、行われる入学選抜試験 [季]春

この一句・・・自分の頭の中では壮大なドラマを想像してました。
頑張っているカップルが居て、同じ志望校を受験したあと急に連絡が途絶えてしまう。
先生に聞くと引っ越してしまい自分の受験に影響が出ないようにわざと黙っていたとの事。手がかりを探しに一緒に合格祈願をした大宰府天満宮へ。
そして・・・「ごめんね」と書かれた絵馬を見つけた。

こんな想像をしてました。読者はどうおもったのでしょう・・・


他の3つを紹介します。

「節分・豆まき」で一句
子らが視る 切る恵方巻 アンパンマン
(こらがみる きるえほうまき あんぱんまん)

恵方巻:節分に食べると縁起が良いとされる太巻き。節分の夜に恵方に向かって、海苔巻きを一本丸ごと切らずに食べる。まるかぶり寿司
節分:季節の移り変わる時の意で、後冬から春への変わり目[季]冬。

「つくしと富士」で一句
通学路 朝風光る ランドセル
(つうがくろ あさかぜひかる らんどせる)

風光る:春の陽光の明るさに、吹く風も光って感じられるさま[季]春。

「菜の花と自転車」で一句
咲き誇る 園に番の 孵る春
(さきほこる そのにつがいの かえるはる)

春:[季]春。


今月は完成度の高い一句が揃ったとおもいます。
来月は3月ということで雛祭りや卒業式といった行事がお題となりそう。
あとは発想を飛ばすだけでなく文法にも注意して詠むことになりそうです。

それではまた(=゚ω゚)ノ

2017年3月6日月曜日

(*^-^*)忘れ物

幼稚園のお迎えで夕方に、

神奈中バスに乗りました。

幼稚園の息子は、空いている座席を

見つけ、椅子に座りました。

私は、混んでいたので、少し離れて立っていました。

そうして、バス停で降りたのですが、

息子が幼稚園で毎日使う、ぞうさんバッグを座席に

忘れてきてしまいました!!

神奈中バスに問い合わせしたところ、届いていて、

後日、取りに行く事になりました。


綾瀬車庫まで!

忘れ物は無事に戻り、バスが沢山並んでいる光景に

ちょっぴり喜んでいました。

2017年2月28日火曜日

ついにデビュー!

ついにデビュー!~うま兄貴~



 「エシレバター」です。
  高級バターです。
  高いです!
  でも、でも、でも、おいしいです!

 今まで、高くて、手を出せませんでしたが、ご褒美に、思い切って買ってみました。

 ワインと~、バターと~、パンだけで、幸せになれました!!!

2017年2月27日月曜日

去年植えた クロッカス  スノードロップ 今週 やっと花が咲きました。
ブルーベリーのつぼみも大きく膨らんでいます。
今年もいっぱい食べられそう !(^^)! 楽しみ

我慢デス



花粉の季節がやってきました

目も鼻もむずむず・・・むずむず・・・

利用者様の前でも容赦なく

「はっくしょ~ん」

失礼いたしました

我慢の季節です

2017年2月22日水曜日

2月のさくら

♪さくら~ さくら~♪

梅や桃も満開ですが
桜を見に行きました。

春一番が吹き せっかく咲いた満開の花も潮風にあたり
かわいそうなくらい傷ついていました。



遠くに見える富士山
空気が澄んで青空の向こう
とっても素敵でした。

2017年2月10日金曜日

Imagine

健康食品のミドリムシ(学名ユーグレナ)を使ってお料理♪
今回はミドリムシレシピバレンタイン編(笑)
融かして固めて、捏ねて焼いて、写真を撮ったら全部自分で食べる!

このミドリムシ、ただの微生物ではないのです。世界を救う力を持っています。ユーグレナ社の社長出雲充氏はいつか貧困博物館で働くという夢を持っていらっしゃいます。
「貧困博物館」は2006年にノーベル平和賞を受賞したユヌス博士が提唱しているものです。どこにでもある物を並べても博物館にはなりません。この世に貧困が無くなったら、世界中どこを探しても飢えや栄養失調で苦しむ子供達がいなくなったら・・・そうしたら昔は貧困というものがあったと記録する博物館が必要になるでしょう。
出雲氏は栄養失調の説明をするフロアを担当する約束をユヌス博士としているそうです。

今日のお薦めは、John Lennonで「Imagine」